日本とは異なる住居の特徴や住宅設備などの中国・広州の不動産事情について解説します。

不動産事情

日本とは異なる住居の特徴や住宅設備などの広州不動産事情について解説します

お役立ちガイドTOP

住居の特徴

広州の居住用物件は、ほとんどが分譲された鉄筋コンクリート造りの共同住宅で、日本でいう分譲賃貸物件。そのなかで、所有者が中・長期間使用しないものが賃貸住宅として市場にでています。ユニットごとに家主が異なるので、内装も違えば賃貸条件も異なります。
賃貸物件はたくさんありますが、外国人(特に日本人)に適した物件は少なく、更に借りる人の希望や条件に合わせますとまた更に少なくなります。築年数も10年以上のものがほとんど。単身者用の1~2LDKは多い、中には希望条件で探すのはなかなか難しいのが現実です。

住宅設備について

通常の賃貸住宅には家具付き物件はありますが、広州で外国人市場に出る物件は家具付きが多く、予算が許せば追加交渉も可能です。(ただし色や形などは多少の我慢が必要です。)

物件概要

広州のマンションは鉄筋コンクリート造りの共同住宅がほとんどで、それぞれ異なった貸主(オーナー)がいる「分譲賃貸」の形をとります。同一マンション・同一面積のお部屋でも、貸主により内装や設備など異なり、賃貸条件も違ってきます。

家賃

家賃は毎月大家さんへお支払いする、毎月の月末によく月分をお支払いする、連休の場合、支払いが遅くなる場合(大家さん)と交渉する。

敷金

敷金(押金)中国では通常2ヶ月分お支払いすることになります。通常契約1年途中解約(退去)の場合敷金全て返ってこなくなるので注意。

管理費

管理費(広州)では毎月支払うことになります。入居されたお部屋の平米数(1平米金額)幾らか決まりがありますので注意ください。

広州の賃貸・アパート探しはエイブルネットワーク 広州店にお任せください!

中国以外でもエイブルは、店舗展開をしております。お部屋を探しならぜひ世界のエイブルをご利用ください。

エイブルネットワーク広州店

日本から電話でお問い合わせ 日本から電話でお問い合わせ
010 86 20 8926 1635
中国内から電話でお問い合わせ 中国内から電話でお問い合せ
020 8926 1635
メールでお問い合わせ メールでお問い合わせ
メールでお問い合わせ
info@able-sz.com
電話でお問い合せのお客様へ現地スタッフも日本語は堪能ですので、遠慮なく日本語でお話しください。
営業時間 定休日
[ 日本時間 ] 午前10:00~午後7:00
[ 現地時間 ] 午前9:00~午後6:00
定休日:日曜、祝日

LINEで送る
PAGE TOP