広州のご契約時・入居時に必要費用に関して

必要費用一覧(書類)

中国・広州で賃貸・アパート物件の契約時に必要な書類や費用についてご紹介します。但し、物件によって異なります。

お役立ちガイドTOP

契約時に必要な費用(書類)

手付金

都合によりすぐに契約できない場合に、契約を前提にいくらかのお金を契約金の一部として家主に渡して仮契約を結びます。通常は家賃の0.5~1ヶ月分で本契約時に家賃・保証金に充当されます。キャンセルした場合は戻ってきません。

家賃

家賃は「租金」とよばれ、通常1ヶ月分を表示。個人名義と法人名義で10%ほど異なる場合があります。又、貸主が法人の場合、借主の名義に関係なく同一家賃となりますが、賃料の5%の増値税が別途かかります。1ヶ月分とは家賃開始日から翌月の家賃開始前日までで、登記所によって日割り計算できるところもあります。家賃に含まれる料金は賃料の価格のみで、その他はすべて借り手の負担となります。

敷金(保証金)

家賃滞納など債務不履行に対して補てんするためのものです。また退去時など部屋の破損などにも充当されることがありますが基本は全額返還される性質のものです。実際には相殺されるケースもあります。

管理費

共用部分の維持・保全に必要な諸経費で、借主の負担となります。金額と内容は賃貸契約には直接関係なく、契約期間途中での変更もあり得ます。

公共料金

水道、ガス、電気、電話(貸主の回線使用の場合)の名義は通常貸主かその家族の名義になっています。水道・ガス・電気は使用住所、電話は電話番号を確認して支払って下さい。水道代は管理費と一緒に月に1回請求がポストに来ます。電気は2ヶ月に1回、電話は毎月請求書が来ます。ガスは通常、使用度数を自己申告することになってます。(銀行自動引き落としも可能)

日本テレビ

インターネット日本語テレビを取り付けしたい場合ご自由に弊社スタッフまでお問い合わせ下さいませ、40チャンネル以上(全て日本語チャンネル)3800元/年(前払いの方がお得です)350元/月。

インターネット(ADSL‥等)

インターネットは通常電話回線を使います。ダイヤルアップ式ならプロバイダーと契約していれば一般の電話回線はそのまま利用できますが、現在台中国広州では電話回線を使ったADSLを利用するのが一般的です。広州のプロバイダーは 中国電信、Topway、中国長城、中国聯通等があります。料金は12M/20Mで約2000元

必要書類

パスポート/ビザ

広州の賃貸・アパート探しはエイブルネットワーク 広州店にお任せください!

広州以外でもエイブルは、店舗展開をしております。お部屋を探しならぜひ世界のエイブルをご利用ください。

エイブルネットワーク広州店

日本から電話でお問い合わせ 日本から電話でお問い合わせ
010 86 20 8926 1635
中国内から電話でお問い合わせ 中国内から電話でお問い合せ
020 8926 1635
メールでお問い合わせ メールでお問い合わせ
メールでお問い合わせ
info@able-sz.com
電話でお問い合せのお客様へ現地スタッフも日本語は堪能ですので、遠慮なく日本語でお話しください。
営業時間 定休日
[ 日本時間 ] 午前10:00~午後7:00
[ 現地時間 ] 午前9:00~午後6:00
定休日:日曜、祝日

LINEで送る
PAGE TOP